意外と知らない?入居が決まった後の手順について

どうやって手続きするの?

部屋探しをするためには、インターネットや不動産会社で物件情報を見て、下見や内見を経ることによって条件を絞っていき、結果として一つの物件に決めますよね。しかし希望の物件が決まった後は、どのような手続きを踏めばよいのでしょうか。まず、担当してくれた不動産会社で入居のための手続きをします。契約書などを確認したり、そこでサインなどをしたりします。基本的に不動産会社は大家さんと入居者とを仲介しているだけですから、その場で契約が成立するだけでなく、一両日待たなければいけないこともよくあります。

契約を交わすときの注意点

住みたい部屋が決まって、さあ契約だというときであっても、そう短兵急に契約を決めてよいわけではありません。面倒だからと契約書に記載されている事項を見落として、後で思わぬ損失を被ることにもなりかねないので、契約書を渡されたらまずそれをじっくりと読み込むということが大切です。特に重要事項については不動産会社の担当者が書類を用いて説明してくれるので、もしわからないことなどがあったらその時にしっかり聞いておくようにしましょう。

実際に入居するまでに時間を要することも

契約が済んだら、即入居することができるというわけでもありません。もちろん、即入居可とうたっているような物件についてはそういうことも可能かもれませんが、基本的には契約を結んだ後に長ければ1か月ほど時間がかかるということもあります。入居計画を練る際には、こういったことも考慮して考えておかなければならないでしょう。今住んでいるのがアパートやマンションだとしたら、そちらの退去とのタイミングも合わせて考えておかなければなりません。

森の賃貸マンションは、女性でも安心して暮らせるようにダブルオートロック機能だったり、テレビモニター付きのインターホンなどがマンションに付いています。