外壁塗装のリフォームは10年に一度のインターバル

家のバリアとなっている外壁

住んでいる住宅の外壁にはどんな素材が使われているのかご存知の方はいるでしょうか。外壁に用いる素材は、モルタル壁やサイディングといった外壁材が一般的となっています。ALCやトタン、タイル、板張りなどといった外壁材も一部あります。外壁には下地があり、下地を守るために塗装し、下地は塗装の皮膜によって守られています。外壁塗装も経年劣化により、はがれたり、ひび割れたりすることは避けらません。皮膜が破れてしまえば、大切な下地にまで影響が及び傷みます。柱や土台という住居の基本構造を劣化させないためにも外壁塗装のリフォームが必要なのです。

外壁塗装の耐久年数を知ろう

住居の外壁チェック及び、外壁塗装のリフォームタイミングというものをまとめてみましょう。置かれている環境や使用されている塗装材によってリフォームする時期は違います。外壁塗装には塗装の種類によって耐久年数が決まっており、土地の気候や環境条件によっても修復タイミングが変わります。モルタル壁の場合は、10年を目途に外壁塗装のリフォームを行うのが一般的と言えるでしょう。下地のモルタルに対して10年ごとに外壁塗装工事を行えば、下地も傷むことなく長持ちさせることが出来るのです。サイディングといった外壁材も、塗り替えのタイミングは10年、サイディング自体の交換は20年から30年と言われています。

塗装材の選択がポイント

モルタル外壁で見た目で分かるトラブルはクラックと呼ばれるひび割れです。外壁を縦に走るひび割れより、横に走るひび割れを発見したら要注意です。横に走るひび割れは雨をため込んで、下地を傷ませ、基本構造の寿命を縮めてしまいます。主流で使われる塗料は次の四種類になります。フッ素樹脂は耐用年数20年、シリコン樹脂だと耐用年数は15年ほどです。ウレタン樹脂は10年の耐用年数で、アクリル樹脂は一番耐用年数がなく8年が限界でしょう。価格は耐久年数が多いほど高くなりますが、長い目で考えた場合、リフォーム回数を減らすことが出来る耐久性の高いフッ素樹脂塗料がお得と言えます。

外壁塗装というものは実績と施工件数によって業者の良し悪しが決まりますから外壁塗装を千葉で実績のある塗装屋に任せましょう。