外壁塗装の塗料の種類について学んでお得に塗装をしよう

意外と大事な外壁塗装

家も長年住んでいると随分と汚くなってきますよね。家の内部であれば、できるだけ汚れないように普段から掃除をすることである程度汚れを防ぐことはできるでしょう。でも、家の外、つまり外壁に関して毎日雑巾で拭いている人もいないと思いますし、第一手が届かないところが多いので外壁をきれいにするということは普通はしませんね。さらに言えば、1年中雨風や紫外線を浴び続けるわけで、外壁が嫌いな状態で維持できるわけがないんです。

ひどい時には外壁が落下することも・・・

じゃあ、そのままにしておくとどうなるのか?もちろん汚れます。でも、実は汚れだけで住まないから問題なんですね。汚れ以外にはひびが入ったり、あまりにもひどい状態になると外壁が割れて地面に落下しているということもあるわけですね。そこで、外壁塗装をするわけですが、その塗料には何種類かあって、価格によってその種類が分けれているといっても言い過ぎではないのです。もし、初めての外壁塗装なら安いのから試してみましょう。

塗料の種類について知っておこう

外壁塗装の種類については大きく分けて5種類あります。一つは、アクリル塗料で、これが一番安い塗料になります。10年ぐらいで塗り替えが必要ですね。次にウレタン塗料で13年ぐらいは長持ちします。そして、一番人気のあるシリコン塗料は、15年ほどで塗り替える必要が出てきます。価格も寿命もちょうどいいという感じですね。そして、フッ素系塗料は、20年ぐらいは長持ちします。最後に光触媒塗料があり、やはり20年は長持ちするのです。

外壁塗装なら鎌ヶ谷で評判の業者に任せましょう。足場から塗装に仕上げまで全部引き受けてくれるので助かります。