賃貸アパートで節税!所得税と相続税の節税を理解する

賃貸アパート経営が所得税の節税になる

近年、賃貸アパート建設が盛んになっていると言われていますが、その理由としての一つとして挙げられるのが所得税や相続税の節税です。所得税の節税になる理由は、もし不動産の賃貸事業で赤字になった場合、給与所得等の他の所得からその赤字分を差し引くことができ、結果的に課税対象になる所得が少なくなるからでしょう。特に、賃貸事業を開始したばかりの頃は初期投資がかさむため赤字になる可能性があります。その時にその赤字を有効活用ができるのです。

賃貸アパート経営が相続税の節税になる

更地で持っている土地に賃貸アパートを建設することによって相続税の節税に繋がるケースもあるでしょう。更地で持っている状態で相続が発生すると、土地の財産価値は相続税の原則の評価になりますが、アパートを建築することによって貸家建付地としての評価にすることができま、借りている人の借地権分を控除できます。さらに、建物の価値増加分に対しては、借入金で建設することで債務控除が使えるため、相続税対策としては有効といえるでしょう。

賃貸アパート経営で赤字を出さないことは重要

アパートを建設して賃貸事業を行うことは所得税や相続税の節税対策に繋がる可能性が高いですが、肝心のアパート賃貸事業として赤字を出し続けると自分の財産が目減りしてしまい本末転倒になってしまうでしょう。そのため、節税対策目的であっても赤字が生じないようにしっかり賃貸経営をする必要があります。特に空室リスクに留意したり、賃貸ニーズの変化に対応して物件をリノベーションする等の賃貸経営の基本的なことを行っていく必要があるでしょう。

札幌の賃貸物件はたくさんありますから、賃料や間取り、交通アクセスについて検討しながら選ぶことが大事です。