飲食店の責任者として働くバイトたちをまとめるために

飲食店はバイトが主力

飲食店の規模にもよりますが、バイトが主力となってお店を運営することは珍しくありません。全国にチェーン展開をしているファミリーレストランとなりますと正社員がほんの数人しか店におらず、その他はバイトという構成が通常であるといえるでしょう。中には店長のみが正社員という場合もあります。つまり飲食店はバイトがいなければ運営することもできなくなってしまう場合がありますので、接する上で注意を払わなければなりません。

作業のマニュアル化で負担を減らす

飲食店のバイトは離職率が高いといえるでしょう。作業そのものがハードであるためでもありますが、それぞれ役割を与えられているとはいえ、臨機応変な対応を求められる場面が多くあり、要領の良さが求められるからです。そこで作業の細かい点まで徹底してマニュアル化をすることで、誰であろうと作業を簡単に覚えることができるように工夫をしなければなりません。マニュアル化がバイトの負担を減らすことにも繋がるので、離職率を下げる効果があるといえるでしょう。

バイトのモチベーションを高く保つ

人それぞれに個性があり、作業を覚える速度は異なりますし、要領の良さも人によってまちまちです。そのためにバイトの間で能力の格差というのはいくらマニュアル化を進めていたとしても生じる問題です。そこで責任者としてはバイトを一人前になるまできちんと育てなければなりません。密にコミュニケーションを取り、課題を抽出して反復練習を繰り返すのです。また、それぞれに正当な評価をしてそれを目で見えるかたちで示していくこともバイトのモチベーションにつながります。

飲食店の譲渡をする目的は他社に店を経営してもらうことで経費を削減でき、今後の方針を考えるきっかけにするためです。